今まで縁故採用のみだった鮨店が専門学校生の採用に成功

飲食・ホテル系

鮨 高橋謙太郎 様

日本を代表する歓楽街:北新地で2014年に創業の鮨 高橋謙太郎様。技術と味を次の世代につなげていくことを決断し、若手の採用、育成を目的に新卒採用のツールとしてキャリアマップを導入いただきました。
導入前のお悩み

今まで新卒採用をしたことがなく経験者の縁故採用だけだったので、どうやって採用をしていけばいいのかがわからなかった。

導入後の効果

学生から職場見学の連絡が入ったり、応募を検討していただいたりなど、確かな手応えを感じはじめている。

キャリアマップを導入したきっかけ

自店の魅力を専門学生へ伝えるために導入を決めました


若手の採用=専門学生と思いインターネットで調べていたところ、キャリアマップの存在を知り、すぐに問い合わせたところ営業の山根さんが来てくださり、キャリアマップの詳しい説明してくれました。


その中で、お店のホームページがないため求職者に魅力をアピールができていないことを指摘されました。
確かにお客様へ認知はされているものの学生への認知度は低く、学生へ魅力を伝える手段がありませんでした。


そこで、キャリアマップを通して写真や社員紹介などを載せることで、文字だけの求人票では伝えられない魅力を専門学生へアピールする広報ツールとして活用することを決めました。

導入企業インタビュー

キャリアマップ導入前の採用課題はありましたか?

今までは縁故で中途採用を行ない即戦力として活躍してもらってきたが、縁故での採用が難しくなってきたため、今後の店舗展開も見据え、若手の採用・育成に力を入れていく必要がありました。

また、業界としても昔に比べ職人のなり手が減り、先輩から後輩へ受け継がれてきた本物の技術を伝えていくことが難しくなってきているので、今の時代に合った指導方法で職人を育成し、若い子が目指したくなる職業にしていきたいとの思いもありました。

当初の期待値と比べて成果はいかがでしたか?

今まで専門学生との接点がなかった中で、学生から職場見学の連絡が入ったり、応募を検討していただいたりなど、確かな手応えを感じはじめています。
ここから毎年採用を続け、今後の業界を担っていく若手の育成に力を入れていきたいです。

「自分の店を持ちたい」と、飲食業界を志望する人は多いと思います。私もそう考えながら料理の腕を磨き、素材の目利きを極め、経営を学んできました。

私は徒弟制度の環境で育ちましたが、この店では今の時代に合った指導方法で夢をかなえる手助けをしたいと思っています。

また、今まで専門学生と会って話すことがなかったので、直接若い子の考え方を知ることのできるいい機会にもなっています。

当社のサービスやフォローはいかがでしたか?

お客様からの認知度はあるのに、学生や求職者に知られていない確かな技術を持ったクオリティの高いお店はたくさんあると思います。

その中で、学校や先生と繋がりがないお店でも学生へ魅力をアピールすることができるキャリアマップ は私たち個人店にとって非常に嬉しいです。

実は、今までテレビの取材などは全て断ってきており、取材や撮影は始めてだったのですが、しっかり段取りをしてくれたので安心して掲載まで進めることができました。

また掲載開始後も現在の学生の状況や改善案を提示してくれ、定期的にフォローしてくれるので、安心して任せることができています。

採用のことは山根さんにお任せして、私たちはお客様へのサービスを更に追求していきたいと思います。これからも引き続き宜しくお願いします。

ご担当者様

キャリアマップ協賛プラン導入を
ご検討の企業様に
個別相談を実施しております

個別相談お申込み

平日/10:00~17:00

その他の飲食・ホテル系導入事例

個別相談/協賛プラン申し込み
pagetop