よくあるご質問

キャリアマップへよくお寄せいただくご質問をまとめました。お問い合わせの前にぜひご一読ください。

オファーについて

  • 企業からオファーが届いたのですが、どうすればよいのかわかりません。

    まずは、企業の求人情報を詳しく見てみましょう。
    その企業がCareerMapに注目記事や卒業生の活躍を登録していれば、それらの内容も読んでみて、「どのような事業をしている企業なのか?」「なんのために経営をしているのか?」「将来の展望はどのようなビジョンなのか?」などを知った上で、オファーを承諾するのか、辞退するのかを判断しましょう。

    所属されている学校がCareerMap公式導入校であれば、企業から届いたオファーは学校からも確認できるようになっていますので、担任の先生や就職指導の先生にも相談してみましょう。

    2週間以内に「承諾」しなかった場合は「辞退」と見なされ、自動で企業へ返信されますのでくれぐれも注意してください。
    また、2週間以内に企業からオファーを取り消しされる場合もあります。
    原則として、「承諾」されたオファーが企業から取り消されることはありません。

  • どうすれば、多くの企業にプロフィールやポートフォリオを見てもらえるようになりますか?

    多くの企業から、オファーが届く登録者には2つの特徴があります。

    1. 「自己PRの文章がユニークで記憶に残る。」

    2. 「自己PRの写真の構図が工夫されている。」

    企業は、プロフィールやポートフォリオを見て「求める人物像と合っているか?」「将来、活躍してもらえるか?」と考えながら、オファーを送るか送らないかを判断しています。
    自己PRに記載されたテキストが、ありきたりな文章だったり、文字数が少ないとあなたを想像することが難しく、オファーすべきかどうかの判断がしづらくなります。

    また、場合によっては熱心に就職活動に取り組んでいないのではないか(オファーを送っても反応がないのではないか)と捉えられることもあります。
    最初から100点満点のプロフィールなどありません。
    登録されている文章や写真に心が込められているかどうかが大切です。CareerMapを活用して、どのような文章や写真にどのような反応があるのかを知り、あなたを表現する方法を見つけ出してください。

  • オファーを断る(辞退する)ことは失礼にあたらないでしょうか?

    企業から届いたオファーを辞退することは、決して失礼なことではありません。
    最終的に就職先を1社に決めなければならない就職活動において、必要不可欠な意思決定だと考え、充分に検討した上で判断しましょう。
    逆に、届いたオファーに対して何も返答をしないことは失礼にあたります。
    速やかに返答をするように努めましょう。

    企業は、時間と手間をかけて1通1通オファーを送っています。CareerMapには、オファーの一斉送信機能がありませんし、1週間に最大2名までしかオファーを送信することができません。
    多くの登録者の中からあなたを探し、プロフィールやポートフォリオを確認した上で、オファーを送っているのです。
    ですから、届いた1社1社のオファーを真剣に受け止めてもらいたいと考えています。
    これが1人最大5枠というオファー枠の上限がCareerMapに存在する理由でもあります。

    オファーの「承認」、「辞退」に関わらず、届いたオファーがあなたの成長機会を広げるきっかけになればと思います。

  • オファーは、いつまでに返答すればよいでしょうか?

    企業から届いたオファーには、礼儀として可能な限り早く返答するように心がけましょう。
    オファーを受けたからといって、「内定」を受けたわけではありません。オファーはあくまで、就職活動のスタートラインです。

    興味、関心があれば「承諾」を、明らかに自分の希望とは異なるならば「辞退」をして、あなたの意志を迅速に企業へ伝えましょう。
    所属されている学校がCareerMap公式導入校であれば、企業から届いたオファーは学校からも確認できるようになっていますので、担任の先生や就職指導の先生にも相談してみましょう。

    2週間以内に「承諾」しなかった場合は「辞退」と見なされ、自動で企業へ返信されますのでくれぐれも注意してください。
    また、2週間以内に企業からオファーを取り消しされる場合もあります。
    原則として、「承諾」されたオファーが企業から取り消されることはありません。

  • 企業はどのようにプロフィールやポートフォリオを検索をしているのですか?

    企業はプロフィールを公開している多くの登録者から、下記のような検索条件を設定して候補者を検索することができます。

    ・最終ログイン日(1週間以内/2週間以内/1ヶ月以内/3ヶ月以内/6ヶ月以内)
    ・就学状況(卒業年度)
    ・学校名
    ・志望条件(志望業種/志望職種/志望勤務地)
    ・フリーワード(自己PR 文章、自己PR 写真内に登録されたテキスト)

  • オファーを承諾するとどうなりますか?

    オファーを受け取ると、2週間以内に承諾もしくは辞退の返答を求められます。
    オファーを承諾するとその企業とCareerMapのメッセージ機能を使って直接コミュニケーションをとることができ、説明会に案内してもらえたり、いきなり最終選考へと進んだりすることができます。オファーには下記のような特典が付いていることがあります。

    ・一次選考免除
    ・選考課題免除
    ・社長、役員面接
    ・OB、OG面接
    ・来社交通費支給
    ・来社宿泊費支給
    ・食事付き見学会
    ・食事付き説明会
    ・個別見学会

    オファーを受け取った企業に興味がなければ、オファーを辞退することもできます。
    返答期限の2週間が過ぎた場合は、辞退されたものと見なされて企業に通知されてしまいますので、できる限り早く返答するようにしましょう。
    辞退した場合は、その企業とCareerMapのメッセージ機能を使ってコミュニケーションをとることはできません。

  • オファーを受け取るにはどうすればいいですか?

    オファーを受け取るためには、あなたの人柄やポートフォリオ(授業の課題や学外活動の成果など)を企業へ伝える必要があります。
    CareerMapには、面接でよく尋ねられる項目を自己PR(文章)として、自分を表現するための項目を自己PR(写真)として、多くのユニーク情報を登録することができます。
    履歴書完成度が低いまま、プロフィール公開設定を「公開」にしてもオファーは中々届きませんし、自分のことをよく知らない企業からのオファーを承諾したところで、面接時にミスマッチを感じてしまうことが多くなるでしょう。

    履歴書完成度75%を一つの目安として、それでも不安であれば担任の先生や就職指導を担当されている先生に求職情報(あなたが登録された履歴書情報は、所属されている学校がCareerMap公式導入校であれば求職情報として学校からも閲覧できるようになっています。)を確認してもらってからプロフィール公開設定を「公開」するようにしましょう。

    プロフィールを公開しても、オファー承諾や説明会、インターンシップへの参加申込、求人情報への応募をしない限りは「氏名、フリガナ、現住所、電話番号、担任名、学籍番号、志望条件(企業のタイプ、募集の特徴、希望収入、希望休日、希望勤務時間)」は開示されません。
    「プロフィール公開設定が「非公開」のままでは、オファーが届くことはありませんので注意してください。

上記の内容で解決しない場合、以下よりお問い合せください

お問い合わせフォームを表示

採用お役立ちブログ